沢山の段ボール

すぐに見つける

たくさんのトラック

自分の家に雨漏りはあるだろうか。大半の家ではそのような事はないだろう。しかし、気がつかないうちに雨漏りが起きていたというケースは珍しくないだろう。地震や振動や家の老朽化に伴い雨漏りは発生する可能性がある。肝心なのは、早期発見し雨漏り修理する事だ。しかし、気がつかないケースもある。例えば、そのような雨漏りが床まで落ちなくても雨漏りをしているケースがある。つまり微量の雨漏りが天井裏でシミになって確認できるケースの事である。また、気がついてはいても雨漏りをそのままにしている家や台風などの嵐の時だけ雨漏りがするという家も存在するだろう。では、このような場合に雨漏りを放置してよいだろうか。また、雨漏り修理はしなくてもよいものだろうか。答えから言えば間違いである。

上記の中でも取り上げたが、雨漏りをそのままにしておくのは間違った行為である。また、たまにしか雨漏りはしないという家でも修理をしないのは間違っている。何故だろうか。まず、木の性質から考えれば分かるが、木は必ず水に触れると腐食が進む傾向にある。したがって水に触れる状況をそのままにしておくと、必ず腐る事になり、家の強度が落ちるのである。また、その状況を更に放置しておくとシロアリなどの木の害虫が木を食いつくし、家そのものが立ち行かなくなるケースもでてくるのである。では、こならないためには雨漏り修理を早めに依頼し積極的に行う必要があるだろう。また、このような雨漏りを早期に発見できたなら、直ぐに雨漏り修理に取り掛かるのは、最善の策といえるだろう。