沢山の段ボール

電気工事を行なう人物

たくさんの段ボール箱

日本にはこんな言葉があります。「建築は力学と物理学、建築の電気工事は理学と工学」という言葉です。これは誰かの明言でも無ければ教科書に載っている言葉でもありません。ですが、今回の記事の筆者である私の勝手に作った言葉だとかではなく、この言葉は建築分野で働く人達にそうなのですか、と聞けば大抵の人は「そうかもしれない」と答える様な事柄でもあります。建築とはつまり、設計して材料を用いて家や建物を建てる事を意味します。そして建築と一口に言ってもその最中に携わる色々な役割の人は大勢居ます。そしてその中にあるのが電気工事士の人達などの役割が、工学や理学の分野であると言える話なだけなのです。では、電気工事とはどんな事をするかのと言うと、その建物のインフラ機能のレベルを担うお仕事であると言えます。

現代では電気技術というのは欠かす事の出来ない技術となりました。そして、それは日本中の色々な建物に備わっている事が大半であるモノであり、これがあるからこそ家の中でスイッチ1つで明かりが点いたり、コンセントを差し込むだけで冷蔵庫やテレビが機能して生活を豊かにしてくれる要素となっています。それを担うのは建築現場の電気工事士の方々であり、この方々達は高校などを工学系の学校を卒業している事が多く、尚且つ最新鋭のインフラ設備も関わってくると理学分野に基づいた化学の知識も必要となってくる特色があります。電気工事で行うのは送電線や配電盤や電灯や電力機器などの工事や設置整理などで、デパートやビルなどの場合に至ってはエレベーターやセキュリティ密集回路基盤などの調査なども、そのお仕事の内容や保有する資格次第では行う事となります。その為、電気工事士は「理学や工学の立役者」と言える立ち居地であり、その現場や分野で働く人達に聞いてみれば近しい返答へと繋がる背景があるという訳です。